野鳥の子育て応援キャンペーン
2018/05/04(Fri)
春から夏にかけては、野鳥たちの子育ての季節。まだ上手に飛べないヒナが、地面に降りていることがあります。つい、手を差しのべたくなりますが、親鳥が近くにいることがあります。手を出さず、その場を離れてそっと見守ってください。それが野鳥たちへの「子育て応援」につながります。



この記事の全文表示 | 資料 | ▲ top
バードウォッチング(探鳥会)に参加したい方へ
2018/06/01(Fri)
バードウォッチング(探鳥会)は原則として雨天中止。参加費は
この記事の全文表示 | 野鳥の会の案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
写真展「野鳥の興味深い行動」(あらおシティモール)
2018/06/29(Fri)
開催日:6月29日(金)~7月3日(火) 9〜21時
開催場所:荒尾市 
あらおシティモール
1F であいの広場

今年度の巡回写真展、テーマは『野鳥の興味深い行動』。写真40枚を展示予定。
皆さんぜひ見に来て下さい。下の案内図、矢印で示した場所です。

主催 日本野鳥の会熊本県支部


この記事の全文表示 | 行事案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バードウォッチング(探鳥会)に参加したい方へ
2018/07/01(Sun)
バードウォッチング探鳥会)は原則として雨天中止。参加費は
この記事の全文表示 | 野鳥の会の案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
熊本市、立田山定例バードウォッチング
2018/07/01(Sun)
集合日時:7月1日(日) 午前9時
集合場所:熊本市黒髪「五高の森」駐車場
マップコード【29 523 710】
交通:「子」の1、7、17番のバス、「一里木」下車、徒歩8分
担当:徳永
見たい鳥:キビタキ
※立田山では毎月第1日曜日に探鳥会を開催しています。

※熊本交通センターのバス乗り場は、工事のため移設されています。くわしくは、産交バスのサイトでご確認下さい。

下の地図は、クリックし、拡大してご覧ください。

tatudayama.gif

初めて参加される方は、こちらをご参照ください。

この記事の全文表示 | 行事案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
講演「八代海は渡り鳥の国際空港」
2018/07/01(Sun)
八代海は渡り鳥の国際空港
今、わたしたちに出来ることは何か?


ラムサール・ネットワーク日本は、「私たちのフライウェイのヘラシギとシギ・チドリ類の現状と日本からできる協力」をテーマに講演会を国内数か所で開催します。

熊本県では次の日程と内容となりました。

日時 7月1日(日) 14:00〜16:00
会場 やつしろハーモニーホール 第3小会議室
http://www.harmony-hall.net/
八代市新町5番20号 電話0965-53-0033
参加無料
事前申し込みは不要です




--プログラム-- 
【各地からの報告】
◆日本全体のシギ・チドリ類の状況
守屋年史氏

◆熊本県の東経から見た状況
高野茂樹氏

◆荒尾干潟を中心とした状況
安尾征三郎氏

【バングラデシュからの報告】
■越冬地のヘラシギ
サヤム・チョードリー氏

【質疑応答】

■ヤム・チョードリーさんの略歴
バングラデシュを足場に、ヘラシギ、アカハジロ、マレーヒレアシなどの世界的絶滅危惧種の保全に過去12年間携わる行動生態学研究者。学部における環境科学を基礎に、国際的経験を積み、ケンブリッジ大学地質学研究科より生物多様性保全に関する修士号を取得。保全活動にあたっては地域共同体と地域の人々の経験に寄り添って、生きものの状況について伝え、人々とともに、保全活動を行っている。特にヘラシギに関しては活溌に活動を行い、バードライフインタナショナルによって、「ヘラシギの守り手」とされ、現在、国際ヘラシギ特別保護委員会の事務局次長を務めている。

このほかアジアヒレアシの研究、バングラデシュ15か所の森林保護区の鳥類モニタリングプログラムを始動、多くの科学論文を執筆また査読に携わり、多くの新聞記事も執筆。IUCN(国際自然保護連合)の種の保存委員会委員を務める。

主催:NPO法人ラムサール・ネットワーク日本
共催:八代野鳥愛好会、日本野鳥の会熊本県支部、NPO法人バードリサーチ、シギ・チドリ類ステッピング・ストーンズ・グループ
この記事の全文表示 | 行事案内 | ▲ top
| メイン | 次ページ