バードウォッチング(探鳥会)に参加したい方へ
2017/10/01(Sun)
バードウォッチング(探鳥会)は原則として雨天中止。参加費は
この記事の全文表示 | 野鳥の会の案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
生物多様性くまもとセミナー、参加者募集中
2017/10/15(Sun)
平成29年度自然環境講座「生物多様性くまもとセミナー」を開催します。

本講座は、熊本の自然の特性や生物多様性について理解を深め、県民の皆様が、それぞれの立場や地域で、自然環境を守る活動に参加していただくために開催するものです。

1 対象者
 ・地域で自然環境保全活動を行っている方
 ・事業所において環境分野の地域貢献等を担当される方
 ・自然環境問題に興味があって今後何らかの活動に取り組みたいと考えている方
 ・環境教育に取り組む教育関係者やNPO関係者
 など、県民の皆様を対象としています。

2 開講日及び会場
  講座A 平成29年10月28日(土曜日):熊本県立大学
  講座B 平成29年11月25日(土曜日):熊本県立大学
  講座C 平成30年1月20日(土曜日):荒尾干潟及び荒尾市中央公民館

3 講座の内容
 生物多様性に関する学習や自然観察を通して、身近な自然環境の
 保全について考えます。
 今回は、
 
  講座A「熊本の希少な昆虫の生態と自然保護」
     「九州における外来種対策の現状と課題」
  講座B「五木五家荘の植物は今」「熊本県の沿岸生態系と生物多様性」
  講座C「ラムサール条約登録干潟の野鳥と熊本県の現状」

 をテーマに学びます。

4 募集締切
  講座A、B  平成29年10月20日(金)
  講座C    平成29年12月22日(金)

5 募集定員 各講座60名

※詳細については、熊本県環境生活部自然保護課の案内ページ
https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_21010.html
をご参照下さい。

この記事の全文表示 | 行事案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
南関町、大津山バードウォッチング
2017/10/29(Sun)
日時:10月29日(日)午前10時
場所:大津山自然公園駐車場(トイレあり)
 マップコード【69 531 785*84】
交通:各自マイカーなどで
九州自動車道南関ICより車で5分、国道443号線関東交差点(神社への入り口)を北進し、大津山自然公園の冠木門を潜り、公園の駐車場に集合。
担当:古田
見たい鳥:ジョウビタキ

下の地図は、クリックし、拡大してご覧ください。



初めて参加される方は、こちらをご参照ください。
この記事の全文表示 | 行事案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バードウォッチング(探鳥会)に参加したい方へ
2017/11/01(Wed)
バードウォッチング探鳥会)は原則として雨天中止。参加費は
この記事の全文表示 | 野鳥の会の案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
熊本市、立田山定例バードウォッチング
2017/11/05(Sun)
集合日時:11月5日(日) 午前9時
集合場所:熊本市黒髪「五高の森」駐車場
 マップコード【29 523 710】
交通:「子」の1、7、17番のバス、「一里木」下車、徒歩8分
担当:後藤、青山
見たい鳥:エナガ

※立田山では毎月第1日曜日に探鳥会を開催しています。

※熊本交通センターのバス乗り場は、工事のため移設されています。くわしくは、産交バスのサイトでご確認下さい。

下の地図は、クリックし、拡大してご覧ください。

tatudayama.gif

初めて参加される方は、こちらをご参照ください。

この記事の全文表示 | 行事案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラムサール条約を学ぶ講演会
2017/11/12(Sun)
球磨川河口の生物多様性の豊かさや、ゴミが川・海・人間へ与える影響について学びます。さらに、ラムサール条約登録が自然界の宝物である湿地の保全や生態系の持続的利活用にどのように寄与できるかについても議論します。

参加費:無料


【1】9月23日(土) 13:30〜 八代市立図書館大集会室

 講師:金井 裕 氏 13:30-14:20

  日本野鳥の会参与、ラムサールネットワーク日本理事
  野鳥生態全般に精通し、ラムサール条約湿地を訪れ生息状況を観察。
  鳥インフルエンザに関する農水省、環境省の委員を勤める。

 講師:逸見 泰久 教授 14:30-15:20
  熊本大学くまもと水環境・減災研究教育センター
  有明海・八代海において、ハマグリ、アサリ、カニ類、ナメクジウオなど
  多様な生物の生息状況について、調査研究を継続中。干潟の持続的利用に
  在り方について紹介。


【2】10月14日(土) 13:30〜 八代市立図書館大集会室

 講師:守屋年史 氏 13:30-14:20

  NPO法人バードリサーチ研究員
  バードリサーチは東京都を拠点にして活動。鳥類を中心とした自然
  環境保全のための情報の収集と解析、保全のための立案などの事業を
  行い、環境省モニタリング1000シギ・チドリ調査なども担当

 講師:矢野浩治 氏 14:30-15:20
  荒尾漁業協同組合 組合長
  「ラムサール条約登録と荒尾干潟の漁業」について紹介していただきます。
  2016年12月18日東京で公演されました要旨が、
  http://www.jawan.jp/rept/rp2017-j118/02.html 
  に紹介されています。


【3】11月12日(日) 予定  会場未定

 講師 呉地正行 氏

  NPO法人ラムサールネットワーク日本共同代表、日本雁を保護する会会長
  宮城県蕪栗沼周辺(ラムサール条約登録湿地)での水鳥と水田農業の
  共生をめざす「ふゆみずたんぼ」活動を通して、水田の特性を生かした
  湿地環境と地域循環型社会の回復に取り組む。


主催:次世代のためにがんばろ会 http://ganbarokai.com/
後援:熊本大学くまもと水循環・減災研究教育センター・国土交通省八代河川国道事務所・八代市・八代市教育委員会・日本野鳥の会熊本県支部・八代野鳥愛好会など

★この企画は、(公財)再春館「一本の木」財団の助成金で行います。
この記事の全文表示 | 行事案内 | ▲ top
| メイン | 次ページ