バードウォッチング(探鳥会)に参加したい方へ
2019/10/01(Tue)
バードウォッチング(探鳥会)は原則として雨天中止。参加費は
この記事の全文表示 | 野鳥の会の案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第14回バードリサーチ大会 九州大学伊都キャンパス
2019/10/15(Tue)
バードリサーチでは、会員の集いとして毎年バードリサーチ大会と銘打って研究集会を開いており、今年は福岡県福岡市で開催します。
例年の大会同様、会員・参加者の皆さんからの口頭発表とポスター発表も募集します。ご自身の調査結果を発表してくださる方は、大会参加申し込みの際に、送信フォームに発表タイトルなどの必要事項をご記入ください。

発表予定の方と懇親会参加予定の方は、必ず事前申し込みをお願いします。その他の方は当日参加も可能ですが、人数把握のため、事前申し込みにご協力いただけると助かります。みなさまのご参加をお待ちしております。

口頭・ポスター発表希望の方は11/1(金)まで、懇親会は11/15(金)までに参加申し込みをお済ませください。

日時:
◆研究集会 2019年 11月23日(土)11:00 ~ 17:30
(参加費無料 受付10:30~)
◆懇親会 同日19:00~21:30
(ミライザカ九大学研都市駅で開催予定:4000円程度)

会場:
九州大学伊都キャンパスセンター2号館2204(基調講演、口頭発表)、
2205(ポスター発表)
〒819-0395 福岡市西区元岡744


くわしくは、こちらからご覧下さい。
http://www.bird-research.jp/1_event/taikai2019/

この記事の全文表示 | 行事案内 | ▲ top
八代まるごと自然体験 2019年度
2019/10/19(Sat)


8460 1

PDF はこちらから



熊本大学市民講座 2019
八代まるごと自然体験

月に1回程度、八代地区で、自然を体感する市民講座を開催します。

地域の自然環境を守るためには、地域の自然について研究・理解するだけでなく、住民の方々と連携し、協議することが重要です。そこで、2016年度より「熊本大学市民講座(八代まるごと自然体験)」を開始することにしました。(2020年度まで継続)
この市民講座では、従来、各団体が個々に行っていた活動を結びつけ、また熊本大学が培ってきた研究成果を市民講座で生かすことで、より効果的に地域の自然環境を守り、まだ充実した環境教育を行います。

(本件は、年度はじめの資料に基づいて作成していますので、行事予定に変更が生じる場合があります。事前に主管団体等へお問い合わせをお願いします)

●八代共同魚市場を見学しよう
10 月19 日(土) 6:00-9:00

八代共同魚市場 熊本県八代市港町306-2 
熊本大学(逸見) 096-342-3498
八代共同魚市場で「せり」を見学した後、市場の方から、魚市場や八代海の魚介類についての話を聞きます。定員30名。

●球磨川 子供ごみパトロール
9月上旬と10 月下旬

時間未定
大硴排水機場・水処理センター 球磨川河川敷
次世代のためにがんばろ会 080-5253-508l
ごみが与える川・海、そして人問への影響を、実際に排水機場見学・水処理場見学をして学び、河川敷のごみを拾い・調べ、分別することで河川保護活動への意識を高める企画です。

この記事の全文表示 | 未分類 | ▲ top
熊本市、熊本城バードウォッチング
2019/10/20(Sun)
集合日時:10月20日(日) 午前9時
集合場所:熊本城二の丸広場、県立美術館前
交通:桜町バスターミナルより徒歩15分
担当:吉良
見たい鳥:エゾビタキ

下の地図は、クリックし、拡大してご覧ください。



初めて参加される方は、こちらをご参照ください。

この記事の全文表示 | 行事案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
講演会「絵本と鳥のふしぎ」
2019/10/27(Sun)
山江村制施行130周年記念行事

絵本と鳥のふしぎ
-鳥の巣が教えてくれること-


日時:2019年10月27日(日)10:15~11:45
会場:山江村体育館(熊本県球磨郡山江村大字山田甲1353-1)

対象:どなたでも。小学生以下は保護者同伴で。参加無料。
主催:山江村教育委員会(Tel 0966-23-3604)
共催:やまえおはなしグループおひさま

内容:絵本作家で鳥の巣研究家の鈴木まもるさんが、絵本の大切さや鳥の巣の魅力について絵を描いたり写真を見せられたりしてお話されます。とっても不思議な鳥の巣(本物!)も見られます。

☆終了後、絵本の販売とサイン会あります。

鈴木まもるさんのプロフィール
画家・絵本作家・鳥の巣研究家
●1952年 東京生まれ
●1980年 絵本「ぼくの大きな木」(偕成社・鶴見正夫/文)で絵本作家としてデビュー。絵本・童話のイラストの仕事は、これまでに200冊以上。
●1986年に東京から静岡県伊豆に転居。野山で見つけた鳥の巣の造形的魅力にとりつかれ、独学で巣の研究を収集を始める。以来、収集した巣の数はおよそ230種、550個以上。




この記事の全文表示 | 行事案内 | ▲ top
| メイン | 次ページ