有明海・八代海のカモ合同調査 説明・講習会
2019/11/24(Sun)
日本で越冬するカモ類の数と分布に大きな変化が起きています。一番数の多いマガモを含め多くの種が減少傾向にあり、特に浅海域を生息地とするハジロ属の潜水ガモ類が大きく減少しています。さらに、鳥インフルエンザの影響で給餌が中止されたことで東北のオナガガモが南に移動して有明海・八代海でも増加している可能性があることや、諫早湾の環境変化や広大な農地の出現がカモ類の分布に影響していることも考えられます。

そこで、有明海・八代海でカモ類の調査を続けている団体が連携して、調査記録の集約と調査体制の底上げをして、地域全体のモニタリング体制を構築する「有明海・八代海のカモ合同調査(仮称)」を実施することになりました。

佐賀市の東名縄文館と巨瀬川貯水池で、調査の説明会とカモのカウント講習会を開催することになりましたので、ご案内を差し上げます。

バードリサーチのWEBサイト 申込みフォームあります
https://www.bird-research.jp/1_event/gankamo_shukai/gankamo2019_11.html


日時:2019年11月24日
13:00~14:30 室内講座
会場:佐賀市東名縄文館

〒849-0905 佐賀県佐賀市金立町千布 巨勢川調整池内

モニタリングサイト1000の紹介
全国と有明海・八代海のカモ類の状況

14:30~16:00 野外実習
カモの大群をカウントする練習



※閉会後に佐賀駅周辺で懇親会を開催します。

お問い合わせは
NPO法人バードリサーチ
〒183-0034 東京都府中市住吉町1-29-9
Tel/Fax:042-401-8661
http://www.bird-research.jp/
※合同調査と本説明会は、環境省のモニタリングサイト1000事業で実施されています。
この記事の全文表示 | 行事案内 | ▲ top
熊本市、上江津湖初心者歓迎バードウォッチング
2019/11/24(Sun)
集合日時:11月24日(日) 午前9時30分
集合場所:上江津湖、神水駐車場
マップコード【29 404 396*62】
交通:市電・産交バス「八丁馬場」下車、徒歩5分
担当:坂口
見たい鳥:ハシビロガモ

下の地図は、クリックし、拡大してご覧ください。

kamiezuko.gif

初めて参加される方は、こちらをご参照ください。
この記事の全文表示 | 行事案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |