新型コロナウィルスに関して、探鳥会参加者へのお願い
2020/03/29(Sun)
依然として新型コロナウィルスの感染が続いていますが、日本野鳥の会熊本県支部では、4月から会員を対象に、各自の責任の下で探鳥会を再開する予定で準備を進めています。

しかしながら、感染者を判別しにくい疾患のため、野外行事といえども参加される方々の感染リスクをゼロにはできません。探鳥会では観察や解説のため、いくぶん密集した小さな集団で行動することになりますので、ご自身や身近な方に、高齢、持病、服薬などで感染症に注意すべき方がいらっしゃる場合は、特にご用心下さい。

1)発熱や風邪の症状がある方(及び今後そのような心配がある方)の参加はご遠慮下さい。

2)運営側では、アルコール消毒液やマスクなどを提供できませんので、各自で、マスクの正しい着用、手や指の消毒・衛生的手洗いなど、十分な対策を行ってください。


サクラの季節でもあり、野外での観察会を楽しみにしている方も多いと思います。わたしたちも、比較的安全だと考えられる行事運営を心がけて参りますので、参加者の皆さまのご協力をお願い申し上げます。

なお、担当者の判断で当日に急きょ中止とさせていただくことが生じるかもしれません。その場合は、たいへん恐縮ながら、なにとぞご了承下さい。
この記事の全文表示 | 行事案内 | ▲ top
| メイン |