生物多様性くまもとセミナー、参加者募集中
2018/09/04(Tue)
平成30年度熊本県自然環境講座募集

●講座の開講日、テーマ、会場など
A 9月29日(土) 立田山でキノコ観察会
立田山、熊本県林業研究指導所(野外実習)

B 10月27日(土) 熊本県希少野生植物、熊本の大気環境(PM2.5など)
熊本県立大学講義室(座学)

C 12月8日(土) 天草地方の海辺の自然、洞窟に生きる動物たち
熊本県立大学講義室(座学)
地球上には 3,000 万種ともいわれる多くの生き物が存在しており、この生き物たちの豊かな個性とつながりのことを「生物多様性」といいます。

私たち人間が生きるために必要な大気や水、暮らしの基礎となる食料などはこの生物多様性がもたらしてくれる恵みです。

生物多様性を護り、豊かな恵みを次世代に引き継いでいくために、私たちにできることは何か、皆さんで一緒に考え、行動していきましょう。

本講座は、生物多様性の最新の動向等を学習するとともに、実際に自然を観察することで生物多様性を身近に考え、感じていただく内容となっております。

●対象者
地域で自然環境保全活動を行っている方
自然環境問題に興味があって今後何らかの活動に取り組みたいと考えている方
事業所において環境分野の地域貢献等を担当される方
環境教育に取り組む教育関係者やNPO関係者など
県民の皆様を広く対象としています。
●定員 各講座60名

●募集〆切
講座A 9月12日(水)
講座B、C  10月12日(金)

※ただし、開講日ごとに応募者数が募集定員を超える場合は、受講者数を先着順で調整させていただきます。

より詳しい情報は熊本県のサイトでご覧下さい。
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_24682.html


関連記事
この記事の全文表示 | 行事案内 | ▲ top
| メイン |